だざいふ遊園地

ナレーションを押してね
案内&思い出
  1. 特長など
    • 昭和32年10月12日 午後2時 開園
    • 初代園長 泉六郎さん
    • 太宰府天満宮、西鉄が中心となって作りました。
    • 園長さんの人柄で他の遊園地とはかなり違うタイプです。
    • お金がいらない乗り物がいっぱい。お金のいる乗り物も低料金。
    • 動物もいっぱいいました。山もいろいろ、花壇にお花がたくさんあって自然いっぱい。
    • 目に入る人工の色は7色のディズニー色、ほんとに夢の園。
  1. プール
    • 泳ぎを覚えたのは虹色の同心円の円形プールでした。
    • 幼稚園でプールに行って神官さんに手を取ってもらって泳ぎました。
    • 円形プールの周囲に腰掛けてのくろんぼ大会も忘れられません。
    • ボート池の奥の森の湖という大きくて冷たいプールにもよく通いました。
    • 唇紫になるまでみんな泳いでました。(湧き水を使ってるので冷たいのだと、ここでアルバイトをした方からメールをいただきました)
    • 帰りに係員の人に目薬指してもらうのがとっても嬉しかった。
  1. 小学校のお別れ遠足
    • 私が6年の時の児童会は3月のお別れ遠足で「乗り物にのれないかしいかえん」にバスで行くより「乗り物にのれるだざいふえん」に歩いて行くと決めました。
    • みんなに10円が10枚のつづり券を前日に配って。
    • 当日の朝、教室に集合時、券を忘れた子が泣いてました。
    • 同情したクラスメート10名が10円券を1枚ずつあげたのです。
    • あげた子は9枚で、もらった子は10枚になったのだけど、これでいいということになりました。
    • うちの小学校(800〜900名だったでしょうか)で貸し切り状態になったと思います。
    • もみじ山でお弁当を食べながら、私立中学に行く子とのお別れをしましたっけ。
  1. その他
    • おとぎの島は表が日本のおとぎ話で、裏が西洋のお話。ひとつひとつ分かって見るととても興味つきないです。
    • バズーカ砲はまだ的に当ててウーというサイレンを鳴らしたことありません。
だざいふ遊園地ののりもの
だざいふ遊園地リンク
[Googleマップ]
[交通]
  • 宮前下車コミュニティバスまほろば号
  • 太宰府天満宮境内にある
  • 太宰府駅から徒歩10分。
太宰府市宰府4-7-8 (tel 092-922-3551)

【営業時間】
月〜金 土曜日 日祝日
通常期 10:00〜17:00 10:00〜17:00 10:00〜17:30
冬期
12月〜2月
10:00〜16:30 10:00〜17:00 10:00〜17:00

【休園日】  毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日休園)
水曜日営業期間 1月1日〜1月7日、 2月16日〜3月10日、 3月17日〜4月7日(春休み)、
5月5日、 8月1日〜8月31日、10月16日〜11月15日
正月準備で休園 12月(30)・31日

【入園料】
おとな(中学生以上) こども(3歳以上)
通常期 400円 200円
歳事期
イベント期間中で春・秋の原則2回
500円 400円
索引 | 検索