ゆうこさんの旅行プラン

もしも私が太宰府を中心とした旅行プランを立てるなら。
二泊三日、家族を含めた社員旅行を念頭に作ってみますね。
九州国立博物館や歩かんね太宰府も組み込むといいかも。

宿

二日市温泉なら湯治客用の自炊のからリッチなのまであります。
ホテルグランティア太宰府やB&B ますやDongもいいかも。
丘の上に国分寺の七重塔くらいの高さのビルが建つという話もあるみたいですね。

初日

さて福岡に着きました。まずは、宿に荷物を置いて、天満宮にお参りですね。
「今回の旅が楽しいものになりますように。」パンパン。
記念撮影をして、旅行気分を盛り上げましょう。
宿に帰って、会食と余興の準備かな?

2日目(オプショナルツアー)

史跡散策
ボランティアの解説員に連れられて、太宰府の史跡を散策してまわりましょう。
古代から近世まで波乱万丈の歴史が1枚1枚めくられていくことでしょう。
宝満山登山
脚に自信ある方にも、そうでない方にも、楽しんでいただけるコースがあります。
沢登りなんてのも楽しいでしょうね。
おにぎり弁当と水筒が必要かな。
遊園地
ママとベビーはだざいふ遊園地でのんびりと過ごすのもいいですね。
小さい子がいっぱいいて、お友達になれることでしょう。
ゴルフ
シニアに特典の多いゴルフ場があります。
和歌を口ずさみながら歴史ある山に向かって打ち込むのはいつもと趣き違うでしょう。
温泉めぐり
二日市温泉は有名ですよね。
竈門神社近くの都久志の湯は滑り台付きの家族風呂が人気。隠れたデートスポットって声も。
年金保養センターのみかさの湯や天拝の湯、みゆきの湯なんてのもありますね。
お寺まわり
まずは光明禅寺で石庭を眺めてください。
次は観世音寺の収蔵庫で巨大な仏像達と対話を。
他にもいろいろお寺があります。お寺の庭ってのはいいもんですね。
写真
お寺やお宮ってのは絵になりますね。
フル装備のカメラマンがあちこちでシャッターチャンスを待ち構えています。
もっと気軽に、天満宮の境内で次から次から溢れ出てくる修学旅行生の写真を撮ってあげてもいいかも。
名前と住所を教えてくれるでしょう。(学校のかもね)
レンタカーで四王寺を走ってみてはいかがでしょう。
カーブナンバーがいくつまであるのか確かめてみるのもいいかも。

最終日

お土産を用意しないとね。もう1度、天満宮へ行きましょう。
親戚のあの子は高校受験だからお守りをとか、おじいちゃんとおばあちゃんには梅酒と梅干しかな。
家族には梅ケ枝餅を。福岡に来たんだから明太子もね。明日の朝食が楽しみだ!