太宰府天満宮

ナレーションを押してね
ひとりごと
案内
平安時代、大宰府に左遷され、この地で亡くなった学問の神様・菅原道真(すがわらのみちざね)公をまつる全国天満宮の総本社。

菅公(かんこう)が亡くなった時、無二の忠臣として側に仕えていた味酒安行(うまさけのやすゆき)は、菅公の棺を牛に載せ、安楽寺四堂の側に葬ろうとやって来たが、牛車が安楽寺の境内に入るとなぜか牛が動かなくなった。
安行は、これを天の啓示とうけとめ、その地点に公の棺を埋葬。

905年、安行はその墓の上に祠を建てたという。この墓所が天満宮本殿がある場所であり、天満宮の起源とされる。

受験シーズンをはじめ年間を通して700万人を超える参拝客が足を運ぶ。(正月3ケ日だけで200万人を超す初詣客)
神苑
梅ケ枝餅・梅林・筆塚・末社 宝物殿・翰苑 花菖蒲・梅林・文書館・曲水の庭
菅公歴史館・神馬・絵馬・ひょうたん 本殿・飛梅・楼門 銅製の牛、麒麟、鷽・巨樟 太鼓橋・志賀社・心字池
余香殿・社務所 参道・梅ケ枝餅
伝統行事・イベント
1月〜2月 3月 7月 9月 神幸式大祭
その他
木うそ 源平合戦 太宰府天満宮の案内音声ガイド
リンク
案内旅行記旅行記2修学旅行神苑飛梅行事梅ケ枝餅源平合戦お護り等その他
[交通] [地図] [Googleマップ] コミュニティバスまほろば号
西鉄太宰府駅バス時刻表PDF
太宰府駅から徒歩5分。
〒818-0195太宰府市宰府4-7-1(TEL092-922-8225)
参拝自由/日の出〜日没
索引 | 検索